国際社会の現代に必要なビジネススキルを大学で教えてくれます

>

実際のビジネスにおいて使う知識を身につけます

実務に必要な知識、パソコン・簿記・マナー

社会に出た時に必要な実務に関する知識と言えば、まずはパソコンのスキルが第一です。書類作成からグラフの制作、さらにそれを見やすくする為のレイアウトなど、自分以外の相手に分かりやすい資料を作るためにはパソコンのスキルは必須です。
そういった資料を作るには知識が必要になりますので、簿記などの知識、会計士・税理士などのキャッシュフローの知識も身につけます。
また、会社対会社のやり取りをしますので、その上でのビジネスマナーもとても大事なスキルの一つです。
それぞれの会社の特色がありますが、どの会社に入っても必ず必要なスキルを学びます。
入社してからパソコンの使い方を練習しても遅いですものね。学生のうちに身につけられる実務レベルのスキルをしっかり学んでおきましょう。

国際社会に向け生きた語学力・国際対応能力

日本国内だけで経済が回っていたのは昔の話です。現在では、ほぼ全ての会社が国際的な取引をしています。海外とは全く関係の無さそうな日本のお家芸の「精密機械」においても、海外の情報や原料の取引、海外向けの輸出など、海外との取引は非常に密接です。
海外取引を直接しない部署であれ、ある程度のビジネス英語は必須になります。
取引先の国にもよりますが、英語はもちろんなのですが現在では中国語も非常に重要な言語になっています。中国との取引をする際に、通訳を入れる事はもちろん可能ですが、自らの言葉で取引をした方が話が早いからです。
それに加え、国際社会では文化の違いを感じる事も多々あるでしょう。そう言った文化などについても学ぶ事が出来る大学もあるようです。


SHARE!