国際社会の現代に必要なビジネススキルを大学で教えてくれます

>

ビジネス学科は何故出来たのか?

経済学部などの中の学科になります

「ビジネス学部」として学部を設置している大学は19年現在では4校のみです。その他の大学は「経済学部」「政経学部」などの学部の中の一つの学科として「ビジネス学科」があります。
名称も各大学によって違います。「経営法学科」「マネジメント総合学科」「企業経営専攻」などで、「ビジネス学科」との名称をつけている大学はほとんどありません。
学部の中で基本的なビジネススキルを学び、それに特化して専門領域を学ぶスタイルをとっている大学がほとんどです。
ビジネス専門学校や短期大学と違うところは、もちろん学ぶ年数も違いますが、基本となる経済学を最初に学んだ上で専門領域を学べるところです。つまり、教えられる情報量が違いますので大学の方がより深い知識を得る事が出来ることでしょう。

大学によって強みとする専門が違います

大学に入る前から自分の将来についてハッキリと希望がある学生は、現代の日本では非常に少ないと言えます。
就職に強い学部という事で、経済学部を選ぶ学生も多いのではないでしょうか。
実際に、経済学部では会計士や、簿記などの資格を取ることも出来ますし、ビジネスマナーも学ぶ事が出来ますので、比較的他の学部に比べて企業側の希望に沿った人材を育てている学部と言えます。
その経済学部の中でも「ビジネス学科」は現代ビジネスにおいての専門領域を教える学科になりますが、学校によって強みがそれぞれあります。例えば、栄養に関する大学の場合は栄養学に強いため食品産業への就職に強いと言え、福祉の大学などは福祉関係の経営に関する職業への就職に強いと言えます。
最初から専門領域を決める事は中々難しいとは思いますが、各大学の強みを確認することはとても大事な事です。


SHARE!